fc2ブログ
 

九州のおいしい”旬の魚”情報ブログ

九州のおいしい”旬の魚”を紹介する情報ブログです。
 
 
広告
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメBOOK
【刺身を極める本】

刺身の料理と盛りつけ―新しい日本料理

新品価格
¥4,644から
(2015/2/21 21:20時点)



【魚を知る本】

からだにおいしい魚の便利帳 (便利帳シリーズ)

新品価格
¥1,512から
(2015/2/18 21:20時点)



【人生を考える本】

金持ち父さん貧乏父さん

新品価格
¥1,728から
(2015/2/21 21:14時点)



【一歩を踏み出す本】

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

新品価格
¥1,512から
(2015/2/21 21:23時点)



【一歩を踏み出した賢人達】

まだ、都会で貧乏やってるの?

新品価格
¥1,458から
(2015/3/1 08:28時点)

岩牡蠣、参上。 

愛媛産 岩牡蠣を頂きます


美味しいお裾分け ”愛媛産 岩牡蠣”



先日頂いた岩牡蠣のご紹介です。

お得意先のM様よりお裾分けを頂きました。ありがとうございます^^

さて、この岩牡蠣、普通の牡蠣と何が違うのでしょうか?


岩牡蠣と牡蠣(真牡蠣)の違いとは?

その違いとは穫れる場所です。

岩牡蠣は外洋の底に生息しており、なかなか穫るのが困難と言われています。

それに比べ、内湾の穏やかな海で穫れる(または養殖している)真牡蠣は穫れやすく、

市場に出回りやすいのです。


岩牡蠣の旬は?

岩牡蠣の旬はちょうど今です。

夏にかけて産卵するため、牡蠣と言えば味が落ちてくるのが通例なのですが、

岩牡蠣は一定期間に集中して産卵することはないため、味が落ちにくく、

市場に出回る夏が旬と言われています。(冬ももちろん美味しいのですが、さすがに穫れません)



美味しいイサキのアラ汁と一緒に、贅沢な岩牡蠣を頂いちゃいました。

生でいきたかったのですが、料理道具の都合上、焼き牡蠣にしました。

焼いて頃合いになれば勝手に殻が開くというのは本当で、とても美味しく頂きました!

Mさんに感謝しつつ、ごちそうさまでした!

楽天グルメ大賞受賞!ジャンボ広島かき1kg(解凍後850g/30粒前後)送料無料【カキ】【牡蠣】【かき】


感想(6343件)


スポンサーサイト



マテ貝はバター焼き? 

マテ貝とは?




熊本に転勤してくるまで、私たち夫婦はマテ貝を食べた事がありませんでした。

”なんだろう、この長いのは?”

事実、最初の感想はこんな感じでした。

しかし、そんな目にした事の無い貝がありとあらゆるお店で必ずと言っていいほど

店頭に並んでいる…。

もしかして、この貝は美味しいのでは?



会社で同僚とおしゃべりしているとき、マテ貝の話になりました。

私がマテ貝の存在を知らなかったというと、他の営業メンバーから大ブーイング。

”なぜあんなにも美味しい貝を知らないのか?”

”水産業界人としてあるまじき知識量”

”信じられない”など、

集中砲火を受けてしまいました。笑





■ マテ貝 旬は3月〜4月が最盛期



一般にお店に並びだすのは2月から6月くらいまででしょうか、

その中でも最も旬な時期がちょうど今時期の3月、4月です。



□ 潮干狩りで貝をGET!



熊本では天草市にある瀬戸海岸で潮干狩りが楽しめます。

九州では他にも大分、福岡、長崎なんかでもアサリやこのマテ貝などの潮干狩りが

楽しめるとの事です。もうすぐGW、ご家族揃って海に出かけるのもいいですね。


潮干狩りのリンクはこちらから → 九州の潮干狩りスポット





■ マテ貝の美味しい料理法




主な貝の調理法として知られているのが ”バター焼き” ですね。

マテ貝以外にもホタテ、アサリ、ハマグリなどの貝に最適な調理法です。

私も大好きで、以前はよくバター焼きをしていました。

しかしながら、確かに味は美味しいのですがカロリーが最近では気になりはじめ…。



□ オススメ調理法は白ワインを使った”酒蒸し”



私がお勧めするのはワインの酒蒸しです。

砂抜きをした貝を鍋にそのまま入れ、

ワインを適量浸し(貝が半分まではいきませんが、それに近く浸る程度)、

あとは強火で煮ます。

他の味付けは一切不要。

貝の持つ独特な風味と出汁がワインと絡まって絶妙な味を醸し出します。

それにパスタなんかを合わせ、仕上げにパセンリなんかのグリーンを足して

あげると見栄えも綺麗ですね。


生冷凍マテ貝200g「オオマテガイ」5パックセット


感想(27件)




マテ貝はアサリの仲間ですので、この調理法もぴったりです。

ぜひぜひ、旬の今のチャンスをお見逃し無く。


宮崎の牡蠣 




久しぶりに宮崎に行くと、新しい取り組みを行っていました。


それが上の養殖牡蠣事業。


中身を読んでみると・・





海が山に囲まれる宮崎、日向・細島。


その地形から通常は稚貝から成貝になるまで5年は掛かるらしいですが、ここではなんと3年で出荷可能になるらしいです。


まだ現物見てませんから何ともですが。


試験販売は即完売。


次回販売予定はゴールデンウィークという事です。





ぜひぜひいらしてくださいね。


簡単おこづかい稼ぎ
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
プロフィール

fishcooker@kumamoto

Author:fishcooker@kumamoto
当ブログへのアクセスありがとうございます!

現役・水産系営業マン(鮮魚店様向け)からの視線で、日々移り変わる旬な魚の情報を主婦・主夫のみなさまにお届けします。

料理の上手(これホント)なうちのお嫁さんの手料理情報を交え、美味しい調理方法なんかもご紹介致します。

毎日の食事のご参考にいかがでしょうか?^^


人気ブログランキングへ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Twitter
広告