fc2ブログ
 

九州のおいしい”旬の魚”情報ブログ

九州のおいしい”旬の魚”を紹介する情報ブログです。
 
 
広告
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメBOOK
【刺身を極める本】

刺身の料理と盛りつけ―新しい日本料理

新品価格
¥4,644から
(2015/2/21 21:20時点)



【魚を知る本】

からだにおいしい魚の便利帳 (便利帳シリーズ)

新品価格
¥1,512から
(2015/2/18 21:20時点)



【人生を考える本】

金持ち父さん貧乏父さん

新品価格
¥1,728から
(2015/2/21 21:14時点)



【一歩を踏み出す本】

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

新品価格
¥1,512から
(2015/2/21 21:23時点)



【一歩を踏み出した賢人達】

まだ、都会で貧乏やってるの?

新品価格
¥1,458から
(2015/3/1 08:28時点)

鹿児島産 ぶえん鰹 

鹿児島県産 一本釣 ”ぶえん鰹”とは





4/14から近くのスーパーで創業祭がやってました。

そこで仕事がてらプーラプラ。

そこに色鮮やかな魚が並んでいるではありませんか。







それがこれ。
鹿児島枕崎産 ぶえん鰹です。













▲生魚ではなく、冷凍魚であるということ




冷凍アレルギーとまではいきませんが、生の魚に勝るものはないと思っている方もいらっしゃるかと思います。

確かに、釣った瞬間に身を捌き、刺身にして食べるという漁師の役得を陸で実現できるものなら

それに越した事はありません。


しかしながら、

冷凍技術の進歩により”鮮度”を落とす事無く陸まで運び、私たちのような消費者にいかにも釣れたての魚を

食べてもらうという事は不可能ではなくなりました。


この”ぶえん鰹”もその一種であり、一本釣りした魚を直ぐさま血抜き(活き〆)を施します。

こうすることにより、身の劣化を防ぐ(遅くする)のです。

そうした状態の魚を急速冷凍機にかけます。

かちんこちんになった魚がこちら




▲ぶえん鰹の特徴




□もちもちとした食感


身質は市販の鰹(これも市販の鰹ですが)よりも柔らかいですね。

脂もしつこくないので箸が良く進みます。


□色持ちがよく、鮮やかな赤


色は目を疑うほどの鮮やかさです。

画像を載せていますが、実際にこれくらいの赤さはあります。

そして脂が薄いせいか、端から変色していく事も無く透き通った赤を持続させます。

例えるなら、赤いゼリーを魚の刺身のように加工した、そんな表現が適当かと思います。


□魚臭さがない


これにも驚きましたが、全く臭いはありません。

鰹はどうしても独特の風味があり、魚臭さというものはあるのですが、

このぶえん鰹には全くと言っていいほど臭いがありませんでした。

薬味を揃えて食べようかと準備はしていたのですが、結局わさびと醤油で食べるのが

美味しいと思います。

ちなみに店頭では”わさびドレッシング”をかけて試食を出していました。

私は食べていませんが、試食された方は大変美味しいと評価され、次々に購入されていました。




▲私も購入しました




というわけで、今回はお刺身で頂きました。

タタキにしようか迷いましたが、この色鮮やかさに心引かれ刺身で頂きました。


解凍したあとは当日中に食べる事をお勧めします。

鰹は”アシが早い”といって、劣化が早い魚であるため、刺身にした状態のものは変色する前に

美味しく頂きたいものです。

見た目が悪いと味もひどく悪く感じますからね。

ですから私は鰹を買う時はこういった状態のよいもののブロックを買う事にしています。

刺身に引かれたものはいつ加工されたものか分かりづらい場合がありますし、

変色がやはり激しい。

せっかく買うのだから美味しく頂きたいものです。



※今回の情報はぶえん鰹のホームページより引用させて頂きました。

ありがとうございました。








ネットでも購入する事ができるみたいですね。

参考にこちらから

内閣総理大臣賞受賞枕崎ぶえん鰹【1kg】タレ1本


感想(14件)






【お試し価格挑戦中】鹿児島県『枕崎産』ぶえん鰹使用3種食べ比べ/200g~250g×3パック※真空パック/かつお/カツオ/ブエン/贈答/刺身


感想(21件)





枕崎ぶえん鰹刺身&ぶえん鰹たたき(2kg)タレ2本


感想(0件)



スポンサーサイト



簡単おこづかい稼ぎ
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
プロフィール

fishcooker@kumamoto

Author:fishcooker@kumamoto
当ブログへのアクセスありがとうございます!

現役・水産系営業マン(鮮魚店様向け)からの視線で、日々移り変わる旬な魚の情報を主婦・主夫のみなさまにお届けします。

料理の上手(これホント)なうちのお嫁さんの手料理情報を交え、美味しい調理方法なんかもご紹介致します。

毎日の食事のご参考にいかがでしょうか?^^


人気ブログランキングへ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Twitter
広告